無料
エロ
動画

臨時休業のお知らせ

2008.11.20 Thu




ちょいとわけあってしばらくお休みいたします。

まあ、仕事の関係なんですがね(笑)

復活は2週間後くらいになると思われます。

現在「勤労」というモノに燃えているのですよ、わたしゃ今♪

蘇る勤労ですよ。

たまにはいいでしょう、こんな気持ちになるのも。


必ずや戻って参ります。

誰も待ち望んでいなくても、絶対戻って来ますよ。残念ながら(笑)


では皆様、日ごとに寒さが厳しくなって来ておりますがお身体に気を付けて。

  1. 2008/11/20(木) 23:00:13|
  2. 艶笑堂からのお知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

「馬券を当ててソープに行こう〜秋の陣〜」第参幕・エリザベス女王杯

2008.11.15 Sat




女同士の戦い、というとなにやらドロドロとしたえげつない争いを想像しちゃいます。

今週はエリザベス女王杯、女だらけの戦いが繰り広げられます。

現在の牝馬最強と思われるウオッカとダイワスカーレットの2頭がいないエリザベス女王杯だが、今年の牝馬ナンバーワンはどの女の子に輝くか?


本命はカワカミプリンセス。

3歳時にはオークスと秋華賞の2冠を成し遂げ、エリザベスに挑み見事勝利!と思いきやまさかの降着。

それからは勝ち星に恵まれていないが、今年になって復活の兆しがみえてきた。

2年前の悪夢を払拭するには今しかない。

今年のメンバー構成なら勝機あり、とみた。

対抗にはムードインディゴ。

今年の3歳牝馬のレベルが高いとは思えないが、秋の戦歴は順調。

前走よりも距離が伸びるのが逆に楽しみ。


今回は2頭のみで勝負。

馬連一点勝負。


さてさて、どんなレースになりますか。

天気も気になるトコロでありますが・・・。


記事:犬坪(艶笑堂本店・馬担当)

  1. 2008/11/15(土) 23:13:24|
  2. 馬を語る(犬坪さん担当)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

人知れず、親知らず

2008.11.13 Thu




定額給付金は「自治体への丸投げ」だとか「経済効果が薄い」とか評判がイマイチよろしくないようですが、私はもらえるモノならもらいますよ。

「もらえるモノはもらっとけ」、昔からこの言葉をモットーに生きております。

私の経験上、もらって困るのは性病くらいです。

そんな事を思っている今日この頃ですが、皆様いかが御過ごしでしょうか。


さてさて。

ここ連日、私の主食はプッチンプリン。

なぜなら先週末から「親知らず歯」が痛くて痛くて仕方ないのです。

口もまともにあける事が出来ず、物を噛むこともままならず。

プリンのやわらかさがありがたいここ数日。

モノがまともに食べれないのは、なかなか辛いです。


先日は仕方なく歯医者に行きました。

歯科衛生士のおねえさんが、ウガイを促がす際に、

「じゃあ、お口を”クチュ・クチュ”してくださ〜い♪」

と幼児言葉になるのが気になります。

どうやらガキの患者相手のクセが抜けないらしい。

いい歳したオッサンの私にはなにやら屈辱を感じる反面、何かの「プレイ」みたいな悦びも芽生えます。

げにおそろしや、歯科衛生士。


今宵は近況報告まで。

「親知らずは睡眠不足などが影響するから、しっかり睡眠をとってね」

と、「敗者さん」 「歯医者さん」に言われたので、もう寝ます。

寝る前に歯を磨くのを忘れないように。

では、またいずれ。

  1. 2008/11/13(木) 22:49:54|
  2. 店主のひとりごと(たわ言)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

歌謡曲

2008.11.06 Thu




さてさて、中川翔子であります。

というより「綺麗ア・ラ・モード」という曲であります。

ああ・・・、いいですね。

筒美京平はいいねぇ。

今回は「作詩・松本隆」との黄金コンビ。

彼等の音楽を私のようなド素人がとやかく語るなんて失礼極まりない。

聴くのが一番。


中川翔子 綺麗ア・ラ・モード




中川翔子/綺麗ア・ラ・モード(DVD付)

発売日:2008/10/22
収録時間:----
メーカー:ソニー・ミュージック
アーティスト:中川翔子

中川翔子×松本隆×筒美京平=夢のコラボシングル!3作連続でオリコンシングルランキングTOP10入りを果たし、完全にアーティストとしての地位を確立した中川翔子の3ヶ月連続となる7枚目のシングルです。今までで一番大人っぽい名曲『綺麗ア・ラ・モード』が完成しました。


筒美京平。

彼がこの世に授けた名曲は数知れず。

この人が作り出す曲の魅力は良心的な迎合性と音楽的な振り幅の大きさ。

宇野ゆう子「サザエさん」から尾崎紀世彦「また逢う日まで」まで。

音楽性の振り幅がデカイ。

まあ、私の主観です。

素人が知ったかぶりで語っちゃいけません(笑)

少し話しがずれるが、先日捕まっちゃったコ○ロさんは音楽性の振り幅が狭い印象。

桑田佳祐は振り幅がデカイ。

完全に個人的な見解。

カラオケを歌って周囲を失笑させるような歌唱力の私が、プロの音楽家を語っちゃいけない。




TVなどでガチで真正なオタクっぷりを見せる中川翔子が好きな私ですが、この「綺麗ア・ラ・モード」を小細工無用ってな感じで歌いあげる姿もいい。

中川翔子をジャンル分けするなら「アイドル」とか「マルチタレント」なんてモノじゃなく「中川翔子」という唯一無二のジャンルが成立している。

年齢を重ねると辛くなりそうなキャラクターにも思えるが、逆に突き進めば年齢も性別も超越した人物になりそうな気も。

まあ偉そうな事言っちゃあいけませんな、私ごときが(笑)


歌謡曲のはっきりした定義はわかりかねますが、「綺麗ア・ラ・モード」は筒美京平と中川翔子がこの世に贈り出した現在形の歌謡曲のような気がする。


では、また。

  1. 2008/11/06(木) 22:42:47|
  2. 店主のひとりごと(たわ言)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

結婚するって本当ですか?

2008.11.04 Tue




(オリコンより)
「わたし、結婚しました!」津島亜由子キャスターが結婚を報告


情報番組『サンデーモーニング』(TBS系)などに出演中のキャスター・津島亜由子が3日(月)、2歳年上の一般男性と婚姻届け提出し、挙式・披露宴を行ったことが分かった。津島は4日付の自身のブログでも「まさかこのような報告をさせてもらう日がくるなんて想像できなかったな」と喜びを綴っている。

津島の所属事務所によると、津島は昨年12月に友人の紹介で出会ったという。津島ブログで「幼い頃『あゆちゃんはいくつでお嫁さんになりたいの〜?』と聞かれ「32歳」と答えていたあてずっぽうが本当になっちゃった」と明かし自身でも驚いている様子。「仕事に家事により一層精進せねば」と公私共に充実した毎日を送ることを宣言している。なお現在、妊娠はしていないという。



今朝は小室さんのニュースにもびっくりしたが、私的には津島亜由子の結婚のほうがビックリですわ。

ああ、ちくしょう。

単純に相手の男がウラヤマシイ(笑)


さてさて津島亜由子といえば競馬ファン御用達、グリーンチャンネル内の番組「A1ニュースステージ」のキャスターとしてお馴染みなのです。

G?戦開催日の夜、競馬関係者のオッサン達との絶妙なやりとりが楽しみな私。

津島嬢、オヤジを転がすことにかけては天下一品。

そしてお美しいのに気取ったトコもなく、ええ女♪




先日の天皇賞開催日は番組を休んでいたが、まさかコレが原因じゃないだろうな(笑)

まあ、これからは「人妻」としての魅力を振り撒いてもらいたいもんだ♪

今度のエリザベス女王杯の時、番組で何をコメントするのか楽しみですわ。

なんにせよ、ご結婚おめでとう。



  1. 2008/11/04(火) 22:12:02|
  2. 店主のひとりごと(たわ言)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

Trick or treat

2008.11.03 Mon




ディープ君(以下、D):「トリック・オア・トリート?」

私:「・・・なんだ、いきなり?」

D:「いやだな〜♪ ハロウィンですよ(笑)」

私:「それは先週終わってるぞ」

D:「そうなんですか?」

私:「それにそのおかしな格好はなんだ?」

D:「仮装ですよ、仮装」

私:「なるほど。しかしハロウィンは危険だぞ、このニュースを見ただろ」

(毎日新聞より)
<米国>ハロウィーンの悲劇また 12歳少年、乱射され死亡


AP通信によると、米南部サウスカロライナ州サムターで10月31日夜(日本時間1日午前)、ハロウィーン(万聖節の前夜祭)の菓子をもらおうと近所の家を訪ねたT・J・ダリソー君(12)が、男にドア越しに自動小銃で約30発も撃たれ、死亡した。一緒にいた父親と弟(9)もけがをして入院した。


D:「まあ銃社会の国ですからね。日本は大丈夫ですよ」

私:「まあな。しかしながらハロウィンなんて日本でやる必要があるのか?」

D:「ここ数年ですかね、浸透してきたのは」

私:「クリスマスやバレンタインまでは許そう。しかしハロウィンなんて日本に必要ない」

D:「そうですか?」

私:「そこまで毛唐連中の風習に迎合してどうする」

D:「まあ楽しいからいいじゃないですか」

私:「楽しいものか。どちらかといえば不愉快だ」

D:「『不愉快』? なぜです?」

私:「まず、その『トリック・オア・トリート』という台詞」

D:「なにか問題でも?」

私:「『トリック・オア・トリート』とはどういう意味だ」

D:「え〜と。たしか『お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ』かな」

私:「そう!『お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ』だぞ!!」

D:「それが何か問題あるんですか?」

私:「完全な恐喝じゃないか」

D:「大袈裟な(笑)」

私:「何の落ち度もないのにいきなり自宅に押しかけられ『お菓子をよこさないと、この家がどうなってもしらないからな』という理不尽な要求をされる。これが楽しいのか?」

D:「そんな。話が突飛すぎますよ(笑)」

私:「例えば『拉致被害者を帰して欲しくば、経済支援しろ』といってる、かの将軍様の国の理不尽な要求を君は納得できるのか?」

D:「例え話がナーバスです。あまり軽々しく扱わないほうが・・・」

私:「まあ確かに」

D:「でも言ってる事はわかります。つまり交渉としては不平等だという事ですね?」

私:「そういう事。『いたずらされる事』を回避するために『お菓子を与える』という構図がそもそも間違い」

D:「言われてみるとそうかもしれません。これでは教育上よくないと思います」

私:「そうだろう。『自分の欲望を満たすために他人に危害を加える』事を肯定しているのだ、『トリック・オア・トリート』という台詞は。そしてハロウィンというヤツは」

D:「ハロウィンって恐ろしいですね」

私:「自分の欲望を満たすためには自らも相手にそれなりの対価を与える、それが人としての正しい姿だ」

D:「なるほど。ギブ&テイクですね」

私:「その通り」

D:「つまり援助交際みたいなのが正しい交渉の姿ですね♪」

私:「解釈を間違えてるぞ、君」

  1. 2008/11/03(月) 21:19:54|
  2. 店員と語る(雑談)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2cmの憂鬱

2008.11.03 Mon




(スポーツナビより)
ウオッカ、2センチ差の激戦制す! 武豊「感謝の言葉しかない」=天皇賞・秋


女傑ライバル決戦、ウオッカが2センチ差劇勝! 現役最強馬を決めるJRA秋競馬の大一番、第138回GI天皇賞・秋が2日、東京競馬場2000メートル芝で開催され、武豊騎乗の1番人気ウオッカ(牝4=角居厩舎)が優勝した。安藤勝己が騎乗する同い年のライバル馬ダイワスカーレット(牝4=松田国厩舎)と壮絶な叩き合いの末、約2センチ退ける激戦V。これでウオッカはGI4勝目、牡牝混合GIは日本ダービー、安田記念に続く3勝目となり、1984年のグレード制導入以降、牝馬による牡牝混合GI3勝は初めての快挙となった。また、ダービー牝馬による天皇賞・秋制覇は1938年のヒサトモ以来70年ぶり。さらに勝ちタイム1分57秒2は、1999年スペシャルウィークがマークした1分58秒0を0秒8上回るレースレコードと、まさしく記録尽くめの優勝となった。





歴史に残る名勝負!!

それほど大袈裟な言い方でもないでしょう、今回は。

コレだけの名牝2頭が同世代だという事実もすごいもんです。

ひさびさに観戦して手に汗握るレースでした。



さてさて、諸般の事情により今回の「馬券を当ててソープに行こう〜秋の陣〜・天皇賞(秋)予想」は休載いたしましたが、馬券はしっかり購入しております。

今回の天皇賞に関しては「おとこの出る幕はないな」と数日前から決断。

ウオッカとダイワスカーレットの2頭で勝負すればいい、という結論にあいなりました。

まあ、私だけじゃなく普通に考えれば誰でもそう思うのだろうけど(笑)

ここで単純に2頭の馬連でも無難に買っておけばいいのが・・・。

少しでも小銭を稼ごうとしてしまう生来の貧乏性が作用してしまう。

チョットでも配当の良い馬単で勝負する事を思い立つ。

そうなると彼女達の「どちらを」一番手に選ぶか?という決断を迫られる。

まさにこの状況は・・・、

とびっきりの可愛い女の子2人から思いを寄せられ、挙句には

「わたしたちの、どちらかを選んで♪」

と、迫られる事態のような心境。

ああ、なんて贅沢な悩みなんでしょう(笑)

・・・まあ、実生活ではそんな状況まったくありませんがね。

ウオッカちゃんも可愛い、でもスカーレットちゃんも捨てがたい。

どっちも好きじゃ♪

しかしここはどちらかを選ばねば。

ウオッカちゃんはこの秋一戦使って順調に今回駒を進めている。

一番人気も当然。

かたやスカーレットちゃんは七ヶ月ぶりの復帰でおまけにぶっつけ本番。

しかも東京コースは初体験というではないか。

そうなりゃ、軸はウオッカちゃんで決まりか?

・・・いや、それでいいのか?

考えてみればスカーレットちゃんには昨年の桜花賞で御世話になっている。

ウオッカちゃんは昨年のダービーで痛い目にあっている。

相性からすればスカーレットちゃんのほうが良い。

それに「ひさびさの復帰」なんてのも、しばらく御休みしていたお気に入りの風俗嬢の仕事復帰みたいで常連にはテンション上がる響きだ。

おまけに復帰ばかりでなく彼女の初体験プレイを堪能できるなんて、イタレリー&ツクセリーじゃないか♪

これは本命はスカーレットちゃんで決まりじゃん!


・・・まあ、こんな感じで馬券を購入したわけで。

馬単・ダイワスカーレット⇒ウオッカ

そして結果は、ご存知の通りですよ(笑)



レース結果は10分近くに渡る審議。

武豊も「生きた心地がしなかった」と審議中の心境を語っていたが、私も生きた心地がしませんでしたよ。

何せ、ひさびさに一点勝負で結構な金額突っ込んでましたからね。

掲示盤に「14」の数字が出た瞬間、泣きそうになりましたから。

14の数字が涙で滲んできそうでした。

いいオッサンがひさびさに泣きそうになりました。

でも人間って、哀し過ぎると口をボケ〜と開けてへらへら笑ってしまうみたいです。

傍から見ると放送禁止の表情だったらしいです。

しかし結果が「たった2センチ」だったとは・・・。

2センチという距離の重みをこんなに感じる日は、これからの人生でもう二度と訪れないでしょう。


しかしながら、良いレースでした。

素晴らしいモノを見せてもらいました。

負けたとはいえスカーレットちゃんもスゴイ。

馬券をはずしても、あの走りっぷりには満足。

そして今年のダービー馬ディープスカイも。

今日みたいに、どの実力馬も力を出し切ったレースは爽快だ。

決して負け惜しみじゃないよ(笑)

まだまだ、競馬は面白い。

  1. 2008/11/03(月) 00:14:09|
  2. 店主のひとりごと(たわ言)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

おとなの事情

2008.11.02 Sun




すっかりブログ更新が止まってしまいました。

まあ、理由はそれなりにございます。

しかしながら詳細を明かすつもりはございません。

「大人の事情」とでも言っておきましょう。

察して下さい。


察して下さい。

簡単に解散総選挙できないのも大人の事情。

金髪豚野郎と言われても堪えるのが大人の事情。

あの娘がAVに出るのも大人の事情。

すべて世の中「大人の事情」なのです。


馬単「7番→14番」がハナ差でハズレルのも大人の事情。

・・・ああ、いまだに悔しさが(泣)

馬連にしておけばよかった・・・。


では、近々お会いしましょう。

また。

  1. 2008/11/02(日) 18:09:54|
  2. 店主のひとりごと(たわ言)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

  • 書いてる人
  • 書いてる人
  • キング♂ハメハメハ

    長いものには
    積極的に巻かれよう

    臭いものは
    一回嗅いでから蓋を

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

 
close